東京慈恵会医科大学の偏差値一覧

東京慈恵会医科大学の偏差値一覧

学部・学科 ランク 教科数 系統
63 3〜4 大学受験勉強法マニュアル
  70 3
  看護 55 4 看護

無料の願書・資料請求
↓↓↓↓↓↓

東京慈恵会医科大学の願書・パンフレット申し込みはこちら
※ 一部の大学で数百円の送料がかかります

 

*パンフレットの請求方法はこちらの動画で解説しています
*各大学の受験科目、内容などは各大学のホームページなどをご確認ください
マイナビ進学では、各大学の願書・パンフレットが一括請求できます

 

 

東京慈恵会医科大学の2012年赤本

東京慈恵会医科大学
2014年度

 

 

 

 

東京慈恵会医科大学は・・・

私立医大御三家の一角を担う

「病気を診ずして病人を診よ」
東京慈恵会医科大学を創立した高木兼寛は、英医ウィリスに実証的、実学的英国医学を学び、その後の5年間のセント・トーマス病院医学校での勉学によってさらにその真髄を把握して帰国した。彼にあっては「医学は実学であり、何よりも病気の予防・治療のためのもの」であった。この信念は帰国早々開始した脚気病の研究において遺憾なく発揮された。当時は、まだ脚気に対するビタミン学説はなく、伝染病説が支配的であったが、高木は軍艦を使った壮大な遠洋航海実験から、栄養欠陥説を掲げ、それによって脚気を完全に駆逐することに成功した。後にビタミンB1発見の功を以てノーベル医学生理学賞を受けたエイクマン(オランダ)が、この栄養欠陥説を発展させ、ようやくビタミン学説にたどり着いたのは22年後の明治39年(1906年)であった。
高木がこのような実学的医学の教育と平行して、あるいはそれ以上の情熱をもって実践したのは、人間形成のための教育であった。医師の前にあるのは、単なる細胞や臓器のかたまりではなく、病に悩む人間そのものである。これに対座する医師たる者は、病者の痛みを共感できる「医の心」をもたねばならない。高木はこの「心」を涵養するために色々と心を砕いた。高木が意図し、またその後長く建学の精神となったものは「厳密な医学に裏打ちされた医術と、あたたかい心をもった医師を育てること」であり、「医学的力量のみならず、人間的力量をも兼備した医師を養成すること」であった。病者の側にたつ全人的医療こそが時代をこえて医師がなすべき使命だからである。現在、この建学の精神は「病気を診ずして病人を診よ」という標語に凝縮され、しばしば用いられている。

無料の願書・資料請求
↓↓↓↓↓↓

東京慈恵会医科大学の願書・パンフレット申し込みはこちら

 

関連書籍

合格する
大学受験計画

2012年度用
大学受験案内
 

 

危ない大学・消える大学
2012年版
 

 

 

その他の偏差値情報

やっぱりウソなんでしょ?1日3時間の勉強で京大合格なんて・・・
東京の大学の偏差値ランキング
北海度大学の偏差値
東北大学の偏差値
名古屋大学の偏差値
京都大学の偏差値
大阪大学の偏差値
九州大学の偏差値
その他国公立大の偏差値


 

今だけ無料プレゼント

学部ごとの偏差値ランキング
設立ごとの偏差値ランキング
地域ごとの大学偏差値
リンク
授業料が安くなる

スポンサード・リンク
人気の商品
合格の秘密兵器


速読術で数学の点が
上がる秘密はこちら

数学だけじゃない、脳の回転数が上がるので全ての教科の成績が上がります